戻る


東京ホームタウンプロジェクト

〜人がつながる。まちが変わる〜

[ 取り組み紹介 ]

東京で、年齢を重ねても住み慣れたまちでいきいきと暮らしていくために。町会・自治会、NPO、市民団体、ボランティアサークルなど、それぞれの地域で、多様な団体が、いろいろな活動に取り組んでいます。そこは、地域の人と人とのつながりをつくる経験やノウハウの宝庫であり、何よりも、地域を安心して暮らせる場所にしたいという思いを持つ人たちが集まる貴重なネットワークです。こうした地域の活動が、より多くの必要とする人たちに広がり、持続可能なかたちで運営を続けていくことができ、次の世代へと発展しながら引き継がれていくために、今できることは何なのか。東京ホームタウンプロジェクトでは、地域活動団体のみなさまの運営の基盤強化を目的として、さまざまな支援プログラムを実施しています。


[ 作品について ]

「いつまでもいきいきと暮らせるまちを、みんなで作りたい」をキーワードにして、「地域包括ケアシステムの構築」をもっと身近な表現で伝えたい、東京の住民一人ひとりに広く共有したい。そこから生まれたのが、このアニメーション動画です。


[ PVプロボノクリエイター ]

企画台本&コピーライター : いなおちひろ
演出&アートディレクター : 稲生聡宏
イラスト&デザイナー : 戸塚晶子
アニメーションディレクター : 佐伯真哉
MA : テクニカランド
NA : リベルタ 斉藤麻衣子
プロデューサー : 新井博子

映像依頼主 : 東京都福祉保健局
映像制作協力 : 認定NPO法人サービスグラント、株式会社エンパブリック



映像のチカラで、世界を幸せに。
http://pvprobono.com/


このページのトップへ