応募概要  |  審査・制作の流れ  |  支援内容  |  制作費用

審査プロセス

ご応募いただきましたら、PVプロボノ事務局で審査を行います。そしてマッチング成立(クリエイター構成決定)しましたら事務局審査担当より制作決定の通知をします。

[ 1 ] 予備審査(1ヶ月)

応募条件を満たしているか審査基準に基づき書類選考をしていきます。

[ 2 ] 本審査(1ヶ月)

事務局の審査担当と面談や遠方地の場合はTV会議面談を行いPVプロボノの映像制作への理解、協力体制を確認します。

[ 3 ] マッチング(1ヶ月)

本審査を通過した案件と、クリエイターをマッチングしていきます。クリエイター達が主体的に支援先を選び必要な最低限の人材が決定したところ で審査通過決定となります。

制作の流れ

映像作品が完成するまでの基本的な流れをご紹介。プロジェクトはソーシャルプロジェクトオーナーとクリエイターのマッチングが成立すると始まります。ソーシャルプロジェクトオーナー、クリエイター、PVプロボノ事務局の三者で完成まで協力関係で目指す映像制作を進行していきます。

[ 1 : オリエンテーション ]

ソーシャルプロジェクトオーナーより担当クリエイターに対して団体の活動や求める映像作品についてオリエンテーションしていただきます。
※プロジェクトスタートから1ヶ月以内

[ 2 : 企画 ]

ソーシャルプロジェクトオーナーからのオリエンテーションをもとに、担当クリエイターが映像企画案を考えます。※プロジェクトスタートから1ヶ月〜2ヶ月程度

[ 3 : プレゼンテーション ]

担当クリエイターがソーシャルプロジェクトオーナーに対して映像企画内容を説明します。※お互いの理解を深め、協力関係を築く為に重要な会議です。

[ 4 : 撮影 ]

ロケハン等の準備期間を経て、企画内容に沿ってソーシャルプロジェクトオーナーの協力を得ながら撮影を行います。※1日〜3日程度

[ 5 : 編集 ]

仮編集からソーシャルプロジェクトオーナーに初めて映像を見ていただく仮編集試写などを経て、本編集に取りかかります。※2週間〜1ヶ月間

[ 6 : 完成試写 ]

MA(音声調整)を終え完成した映像コンテンツを納品前に確認します。

[ 7 : 納品 ]

ソーシャルプロジェクトオーナーが指定した形式(データ形式、DVDなどのメディア)で納品する最終作業です。