ホームに戻る


「PVプロボノ」NPO法人化のご挨拶

2015年6月15日
特定非営利活動法人 PVプロボノ
理事長: 新井 博子


PVプロボノ※1(東京都目黒区目黒2-11-3印刷工場1階HUB Tokyo内 理事長: 新井 博子)は特定非営利活動法人(NPO法人)として社会課題の解決を目指す活動団体の映像による情報発信をサポートするため、心新たにスタートを切ります。

わたしたちは「社会課題」と「映像クリエイター」とをつなぎ、映像の力で社会をよりよくしていくことを目指す、国内初の映像クリエイティブの中間支援団体です。PVプロボノに登録するプロ映像クリエイターが、世界が抱える様々な社会課題を解決するために、プロモーション映像をボランティアで制作していくためのシステムを提供しています。

※1:「 プロボノ 」の語源はラテン語の「 Pro Bono Publico 」。英語では「 For Good Public = 公共善のため 」を意味します。


2013 年に立ち上がったPVプロボノはこれまでの2年間、任意団体として社会課題の解決を目指す活動団体、また、地域コミュニティと、プロの映像クリエイターをつなげ、共感によるプロボノ映像制作の支援を行ってまいりました。

映像はこれまでに23本を制作、活用されています。登録している映像クリエイターは現在約60名です。 この度今年5 月に東京都より認証いただき手続きを完了し、特定非営利活動法人(NPO法人)となりました。同時に、団体名を「NPO法人PVプロボノ」と改めました。

「PVプロボノ」を今までご支援、ご協力してくださった皆様に心から感謝し、御礼申し上げます。これからも、新生「NPO法人PVプロボノ」へのご支援、ご鞭撻をいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 


このページのトップへ